今こそ男中心から男と女で決める政治へ

  6月14日、エポック10で開かれたセミナー「今こそクオータ制」の報告です。
今こそクオータ制
  あの名調子の「マリ子節、炸裂!」でした

  とくに女性議員の割合が日本は189か国中161位、と不名誉な数値に吠えたのでした。 この閉塞状況をなんとか打破したいと、気迫のこもった語りに圧倒されました。
  「ノルウェーはこんなにもすてき!」とだけいわれても「絵に描いた餅」で虚しい。が…しかし、三井マリ子さんの講話は、そのような次元に留まってはいません。三井さんが現地で取材し、撮影したスライドを使っての事実の重みと具体的提案があります。レジメから抜粋して報告します。
  先ずノルウェーの根底には「男と女で決める社会」という共通な社会観があります。「国会も地方議会も選挙制度は完全比例代表制」です。
  だからこそ、「国会・地方議会とも約40%が女性議員」であり、「男女半々の10人ずつの閣僚で組閣」、「主要7政党のうち5政党が女性党首」という実態ににつながっていくのです。
  各地方議員は昼間、正規の仕事をしています(公務員で議員の人も沢山いる)。「地方議員は無報酬」です。比例代表制ですから、日本のように選挙に個人の持ち出し金は皆無です。
  次に公教育場面のスライドでは「小学生が授業で政党の選挙事務所にインタビュー」に行ったり、「政治をタブー視しない学校教育として、公立高校での模擬投票」や、それを大きく報道する地方メディアの話しもありました。
  上記のようなノルウェー流の政治・教育改革を日本でも実行できないものでしょうか。それで初めて女性原理も活かされた社会運営が為されると思います。
  未曽有の原発巨大過酷事故を起こした日本、その一因である男中心の政治。14日の講演会のテーマである「今こそクオータ制、今こそ女たちの出番」(ノルウェー王国大使館後援)のかけ声を全国津々浦々に響かせること以外に、日本再生の道は有り得ないと…私は思います。あなたはどう思いますか?
  2014年6月17日 田口房雄(みどりの党 Greens Japan 会員)

地方に比例代表選挙を導入し、地方議院内閣制を

  田口房雄 (hireidaihyousei-senkyo@docomo.ne.jp )
  現代は地方分権、地方主権主義の時代だという指摘を批判する人は余りいないと思います。
  しかし、現状では、地方行政の執行権を持つのは議会か(地方議院内閣制)、首長の命を受けた地方行政府か(首長制度)、どのような地方行政制度を採用するのか、住民たちによって決定できないのです。
  国会が決定した、地方自治法が全国一律に強制されますから、地方の自主性は否定されています。
  同じように、私達の代表である地方議会議員を選挙する方法も、国会が定めた公職選挙法によって、全国一律に強制されています。
  だから欧州のように「地方議会議員選挙を比例代表選挙で選出したい」と住民の多数が考えても、日本領内ではその自由は認められないのです。   もし法律を破って、自分たちが決めた独自の選挙や地方行政制度で営むとしたら、日本政府から、どんな圧力が加えられるか、恐ろしい事態になるでしょう。
  「地方主権」というのであれば、各地方の議会でどのような議員選挙をするのか?
  どのような地方行政制度にするのかを、各地方自治体が自由に選択できることが、最も必要なことだと思います。
  このような選挙制度や地方行政制度を採用するか、その選択の自由が地方住民に与えられていない…国会で決められてしまった法律を守らなければならない…このような不条理を受け入れなければならない…それが最大の矛盾なんです。
  いま早急に改革するべきは、地方の政治的自由を認めることなんです。
  そうして、地方議会議員選挙に比例代表選挙を導入するか、地方議院内閣制を導入するか…その議論が最も大切だと私は考えます。
  そこで非常に逆説的な表現になりますが、こんな歪みきった首長選挙に、自己の存在をかけた、信念による真剣に考え尽くした「清き一票」を投じてはいけないのです。
  それでは、結局、権力側の陰謀にはまってしまうのです。
  もっといい加減な気持ちで、ずぼらな雑駁な気持ちで、自己の100%の信念で投票してはいけないのです。
  小選挙区制を初めて導入した細川、非正規雇用の拡大を図り、労働者の切り捨てを促進させた小泉を許すことはできないけど、原子力村などの利権集団とどこまで本気に戦ってくれるか、未知数ではあるが、もし私が東京都民であれば、私は細川氏に投票したかもしれませんが、首長選挙なんて小選挙区制で所詮、余りにもいい加減なものであるし、首長制度は民主主義に反するものですから。
  私がいつもいつも虚しく思うことは、細川、宇都宮両陣営で実働部隊として活動していた皆さんの大きなエネルギーが余りにも無駄遣いされていると思うのです。
  確かに批判票としての役割を果たすことはあるでしょうが、正直言って空しいです。
  『比例代表制による議員選挙を条件にした地方議院内閣制実現』にこの皆さんの莫大なエネルギーが向かっていたら、欧州先進国のような日本よりは人権が保証された国家になるのになあと、いつも悔しい思いをしています。
  「地方議会議員選挙の比例代表選挙」「地方議院内閣制」この二つの導入の是非について、私は全国のみなさんと、公開討論をしたいと思います。是非とも連絡を下さい。 よろしくお願いします。
  民意を反映させる地方行政政治を考えるうえで、首長選挙(首長制度)ほど不条理なものはないと私は思いますが、皆さんは如何ですか?
  首長選挙で民意が反映するはずはないでしょう。なんといっても小選挙区制なんですからね。民意の反映ではなく、民意が集約されてしまうのが小選挙区制です。
  そして、当選した首長は絶大な行政権力を保持するわけです。行政の執行は、本来、議会の委員会などを中心として、長期に渡り議論を重ね、合意形成をして行く中で遂行されるべきであり、小選挙区制で当選した首長が独裁者(実は上級の地方行政職員による場合が多いが)として、地方行政を執行していくわけで、議会には情報が集まらない仕組みにされているのです。
  議会改革などといわれているが、先ずは比例代表選挙により、政党、会派を選ぶような選挙制度をつくるべきなんです。
  そして議会が行政執行権をもつように、地方自治法を改正する事が先決なんです。そうしなかったら、議会の存在はいつになっても虚しい物になるでしょう。
  首長にお任せの今の地方行政をやめさせない限り、市民生活は困窮する一方です。
  地方議院内閣制は日本国憲法に違反しません。地方都市の代表として、市町村長や知事の選挙は実施すれば、憲法違反にはなりません。
  市町村長、知事に対して、地方行政執行権力を与えなければ良いのです。
  先進欧州諸国では上記の制度は極めて当たり前になっています。日本のような「首長制度」をとっている国を私はしりません。
  今回の都知事選挙では、宇都宮・細川両氏の応援に、味方勢力が分裂してしまい、修復作業が早急に必要なんですが、私が指摘しているこの観点にたって、お互いに新しい理解をすることが大切なんです。
  つまり都知事選挙では私達は「首長選挙という極めて歪んだ制度下にあったからこそ、分裂してしまったんだ。
  こんな非民主的制度は直ちに廃止させよう」という気持ちになることが大切なんです。
  そうすれば宇都宮・細川氏両陣営の応援者間の分裂は、新しい創造のエネルギーを獲得することになると思います。
  「立候補者の一本化」を強いるのが今の首長選挙(小選挙区制)なんです。
  二大政党化を否が応でも促進させてしまう、対話型政治を否定してしまうのが今の首長制度(首長と議会の二元代表制)なんです。

緑の党GreensJapanと連携するGreens千葉(仮称)が誕生します!   (クリックで拡大します)

みどり柏集会 表
みどり柏集会 裏

私たちが今、討論しておかなければならないこと!

みどり柏集会 表
みどり柏集会 裏

三井マリ子講演会/第12回柏マブイまつり〜地域に平和を!〜

チラシファイル:http://fusao.jp/091017_midorichiba.pdf
三井マリ子講演会

「男女平等と福祉の国ノルウェー」(三井マリ子講演会)

ノルウェーは世界で最も住みやすい国の一つです。
世界で最も男女格差の少ない国でもあります。とこ
ろがそのノルウェーも60年代までは、既婚女性の
10人に9人が家にこもって家事育児をしていまし
た。それが今日のような社会に変わった背景には、
女たちの長くて厳しい道程があります。ノルウェー民
主主義の原点である地方自治体の政治や選挙制度
を学び、日本の未来を考えてみませんか。

日時:2009年10月17日(土)15:30
会場:千葉県松戸市民会館 301会議室
   〒271-0092  千葉県松戸市松戸1389-1
   電話 047-368-1237  Fax 047-366-3344   
   http://www.morinohall21.com/kaikan/kaikan.htm
講師:三井マリ子(女性政策研究家)
主催:みどり千葉(みどりの未来http://greens.gr.jp/の地方組織)
後援:ノルウェー王国大使館 http://www.norway.or.jp/
資料代:500円(当日受付にて)
お申込は不要です。お気軽に直接会場にお越し下さい。


三井マリ子 (女性政策研究家)
高校教員、東京都議(2期)、大学講師、
大阪府豊中市男女共同参画推進センタ
ー初代館長などを歴任。ノルウェーのク
オータ制や選挙制度を講演・執筆を通し
て紹介し続ける。全国フェミニスト議員
連盟を創設し初代代表。著書『女たちの
パワーブック』(かもがわ出版)、『男を消
せ!̶ノルウェーを変えた女のクーデタ
ー』(毎日新聞社)、『ママは大臣パパ育
児』(明石書店)ほか。


主催・問い合せ先
 みどり千葉(みどりの未来http://greens.gr.jp/の地方組織)
 共同代表 武笠 紀子 武藤 邦芳
 〒270-0092 千葉県松戸市松戸1879-24 ほくとビル5F
 TEL : 047-360-6064 FAX : 047-360-6064
 E-mail : BCB12780@nifty.com(武藤)
 または、携帯090-2445-6111(田口房雄)

チラシファイル:http://fusao.jp/mabui2009kashiwa.pdf
マブイまつり


(開かれた議会シンポジウムでの発言ビデオ)